テラスハウスって?メリットやデメリットも教えて!

テラスハウスの意味は?

テレビ番組の影響もあり、テラスハウスのことを共同生活するシェアハウスと思っている方も多いかもしれませんが、テラスハウスは2階建ての長屋を意味します。壁を共有しテラス付きの長屋が2~5軒程度連なっており、室内はメゾネットになっているのが特徴です。イギリスでは古くから導入されており市街地を中心に見かけることが多いですが、日本ではそれほど普及していないためあまり目にする機会がないかもしれません。

テラスハウスのメリット

壁を共有していますが階段や玄関は独立しているため、一戸建て感覚で生活できるのがメリットです。上下に住んでいる人もおらず、マンションのように足音を気にする必要もありません。また、同じ間取りでも一戸建てよりも安く入居でき、イギリス発祥ともいわれていることからオシャレなデザインが多いのも魅力といえるでしょう。室内がメゾネット構造のため1階と2階で生活スペースを分けることで、友人との共同生活を送ることもできます。

テラスハウスのデメリット

上下に生活している人がいないとはいえ、隣の家とは壁1枚でつながっています。一般のマンションやアパートと比べると木造建てが多いため、隣の家の物音が気になることがあります。どの程度音が聞こえてくるのか、入居前には十分チェックしておきましょう。また、長屋建という構造上隣に接している壁には窓を設置することができないため、どうしても窓の数が少なくなりがちです。小さい窓の場合は日当たりが悪くなってしまうので、補うために天窓が付いているかもチェックしておくと良いでしょう。

北海道の千歳の賃貸家賃相場は5万円前後です。千歳は千歳空港もJRもあり交通に便利な街です。美味しい食べ物も楽しめます。