住みやすい家にしたい!注文住宅の間取りのポイント3選

動線を考えて設計する

家事をする時、出かける用意をする時など、動線が上手くつながっていると効率的に行うことができます。食事の用意、洗濯、掃除など連動して行える間取りであったり、歯磨きやトイレ、メイクなどがスムーズに行える間取りであったりすると、生活の質がぐんと上がります。そのため、注文住宅の間取りを考える時は、日常生活のさまざまな動線から、どの動線を重視して間取りを決めるかが大切になります。家族が多いほど、みんなが快適に暮らすために動線計画が重要になります。

広さや奥行きなども考えた使いやすい収納

収納スペースを広く取りすぎると部屋が狭くなり、部屋を広くすると収納が狭く物が収まりきらなくなってしまいます。住みやすい注文住宅にするなら、収納の広さや奥行きなど、しっかり考えたうえで設計するのがポイントです。どれぐらいの量を収納するのかはもちろん、扉の開き方や内部の収納形式など、細かいところまでこだわり設計する必要があります。クローゼットもバーが短いと全ての洋服がかけられず、椅子の上にかけっぱなしになってしまいます。

音の影響も考えた間取り

2階の音は、想像以上に1階に響くものです。そのため、快適な注文住宅を建てるには、音の影響を考えた間取りにすることもポイントになります。キッチンやランドリールームなどを2階にする間取りだと、食洗器や洗濯機の音が1階に響きイライラしてしまいます。また、子供部屋が2階にあるのも、下の階に足音や物を落とした音などが響きうるさく感じます。静かに過ごしたい寝室は2階にするなど、音の伝わり方も考えた間取りにするのが賢明です。

神奈川の注文住宅は大手住宅メーカーだけでなく、地元の工務店で地域の特性に合わせたこだわりの家を作ることができます。