どんなメリットがある?賃貸オフィスを利用することで得られるメリットとデメリット

来客があったときに場所を確保できる

賃貸オフィスではなく自宅をオフィスとして利用している場合は、クライアントとの打ち合わせの際にカフェや貸し会議室を探す必要があります。場所が決まっていないので、急な来客があった際には場所が確保できない可能性も考えられます。それに対して賃貸オフィスは会議室や応接室が事務所にあるので、急な来客があってもスムーズに対応できるというメリットがあります。自宅やマンションを事務所の代わりにしている場合、会社の実態がクライアントに伝わりにくいので信用を得られにくいという問題があるでしょう。賃貸オフィスの場合は会社の実態が伝わりやすく、しっかり活動している会社だという信頼が得られやすいという利点があります。そのため信用を得たいのであれば賃貸オフィスを利用する方が良いと言えます。

プライベートと仕事を分けやすい

自宅で仕事を行っている場合は、プライベートと仕事を分けにくいという問題があります。プライベートと仕事の区別がつけにくいので、オンオフの切り替えも難しいと言えます。賃貸オフィスを利用していれば、仕事のときにはオフィスに通勤してプライベートのときには自宅に居るという行動が可能になります。プライベートと仕事を分けやすいので、メリハリのある生活が送れるという利点があるでしょう。

月々の経費が高いというデメリットがある

賃貸オフィスは賃貸なので家賃を支払う必要があります。そのため月々の経費が高くなってしまうというデメリットが発生してしまいます。インフレによって物価がアップしてしまえば値上げ交渉が行われるケースもあり、そうなると家賃が上がるので月々の経費も上がってしまうという問題もあるでしょう。

港区で賃貸事務所を借りるなら、費用をおさえるため10坪以下の事務所がいいです。青山や赤坂は商業施設が多く、白金は大使館があり、外国人が多いという印象です。