一人暮らしの賃貸住宅!間取りはワンルームで大丈夫?

ワンルームは安くて便利

一人暮らしをするときの賃貸住宅として人気があるのはワンルームです。間取りの中でも最もシンプルなもので部屋は一つしかない形になっています。ワンルームは安いから選ばれることが多いのは確かですが、実際に一人暮らしをしてみると機能性も十分にあって便利な場合がほとんどです。扉の開け閉めをほとんどする必要がない形になっていて、トイレやお風呂に入る以外は一部屋で全ての作業をすることができます。二人以上で暮らすときにはプライベート空間をどうするかが問題になりがちですが、一人であれば部屋全体がプライベート空間なので大丈夫でしょう。そのため、住んでみると実は便利だったということが多いのがワンルームの賃貸物件なのです。

こだわりがあるなら違う間取りを選ぼう

間取りはワンルームがベストかというとそうとは限りません。確かに無駄が少ないという点では優れていますが、本当に住みやすいかどうかというと人によって違います。一人暮らしの間取りとして1Kや1LDKなどもよく選ばれています。例えば1Kならキッチンと寝室が扉によって分け隔てられていて、料理をしたときの臭いや汚れが寝室には入らないのが特徴です。料理をする場所と眠る場所は分けたいというこだわりがある人には1Kの方が魅力的でしょう。さらに1LDKならリビングがあるので、寝室と生活空間も分けることができます。このように空間を使い分けて生活していきたい人にとってはワンルームはあまり魅力的ではないので他の間取りも検討しましょう。

これから生活することを考えた場合、利用しやすいお店が近くにあるかどうかも江別の賃貸を選ぶポイントの1つです。